効率的に暖かい空気をお部屋に循環!

暖房機で暖められた空気の多くはお部屋の天井へ向って流れてしまいます。
ストーブファンを天板が熱くなる石油ストーブや薪ストーブなどの上に置いて使用することで、人の居る方へ暖められた空気を循環することができます。

ストーブの熱でファンがまわる!

ファンが動く仕組み
石油ストーブや薪ストーブなどの熱を発電モジュールに伝えます。発電モジュール(ペルチェ素子)が熱を電気にかえ、適応温度になるとファンがまわりはじめます。
※発電モジュール(ペルチェ素子)は、ベース部と冷却フィンに発生する温度差を、電流にかえるゼーベック効果を利用しています。

ストーブの上に置くだけ!

動力源に電源や電池など一切必要ありません。
使用できない暖房機
天板が高熱にならないストーブや、セラミックヒーター・電気ストーブ・ファンヒーターなどではご使用になれません。


仕様

形名:ND-SEF01
本体寸法:幅180×奥行100×高さ198㎜
羽根径:18㎝(4枚羽根)
本体重量:約507g
最大回転数:約1100rpm
騒音値:約25dB以下
適応温度(設置面):約80~250℃
耐熱温度:約350℃
材質:アルミ合金(アルマイト処理)
付属品:本紙 取扱説明書 (保証書付)
※表示している数値は参考値です。使用環境によって異なる場合があります。この製品は業務用ではありません。改良のため、製品の外観・仕様が変わる場合がございます。

 取扱説明書 (PDF) 
PDFファイルで公開している情報を閲覧するためには、Adobe Acrobat Reader等のPDFファイルビューワーや、PDFファイル表示に対応したWEBブラウザが必要となります。Adobe Acrobat Readerについては、Adobe社から無料で配布されていますので、必要な方は、インストールしてください。

使用上のご注意

●ご使用いただく前に、取扱説明書をよく読み正しくお使いください。
●平らで安定した天板部分に設置してください。
設置場所に凸凹があると、ベース部にしっかりと熱が伝わらずファンの回転が弱くなったり、温度過昇防止装置が正常にはたらかなくなるおそれがあります。 不安定な場所では、転倒して火災・けが・故障のおそれがあります。
●350℃以上になる場所には設置しないでください。
故障の原因になります。適応温度(設置面:約80~250℃)の範囲でご使用ください。
●排気煙突がある場合は、その前方や近傍には設置しないでください。
冷却フィンから放熱が充分にされず火災・故障の原因になります。
●ファンを手で止めないでください。使用中、無理にファンを手で止めないでください。
ケガの原因になります。(製品が冷えるまでファンは回り続けます。)